学びを結果に変えるアウトプット大全 レビュー。

こんにちわ。なかじです。

学びを結果に変えるアウトプット大全 のレビューです。

日本で初めてアウトプットに特化したアウトプットの決定版ともいうべき一冊になっていて、読んでしまいました。医者の世界にいると、地アタマの悪いぼくには周りに到底太刀打ちできない世界です。ぼくのなかでは、インプット≒自分の芝生に肥料を与えるですが、それでは自己満足に過ぎないわけです。ただ本とか、それに詳しい人の話しを聞いただけでは自己満に過ぎなくなってしまうので、アウトプットするようにしてる。その方が定着するし、疑問点とかも湧いてくるので整理しやすい。他の人のことを羨ましいなって思うことは決して悪いことではなくて、その気持ちを原動力に出来れば良いだけ。隣の芝生は青いと思ったら、自分の芝生をさらに育てれば良いだけ。エンジンに火をつけよう!

アウトプットの法則

本書ではアウトプットの法則を4つに分けて説明してくれている

1)情報を何度も使う

2週間に3回使うと長期記憶に保存されるようで、インプットした情報は何度も使わないと鮮度が保たれない。脳にインプットされた情報はまず海馬に仮保存されてから、何度も使われると側頭葉に長期保存される。

ぼくも救急外来で使った治療法とかはメモっておいて意識して使うようにしています。

2)成長の螺旋階段

インプットとアウトプットを繰り返し行っていくとブラッシュアップされてより使える情報に変化していく。

3)黄金比は3:7

インプット3 アウトプット7くらいでやるといい。

4)フィードバックする

先程書いた成長の螺旋階段につながる話だが、PDCAサイクルを回すにあたり欠かせないプロセスになってくる。見直しや反省、改善、方向修正、微調整、原因究明などが該当する。実際の診療においてもPDCAサイクルを回すことでブラッシュアップされてくるんだと思う。

アウトプットについて

インプットは読むと聞くなんだけど、アウトプットははっきりしない。具体的に何をすればいいのかわからないのがおおい。

著者が5つの極意を教えてくれる。

1)今日やる

2)楽しむ

3)目標を細分化、具体化する。このときちょいムズでいくとドーパミンが活性化されたより脳に定着する。

4)結果を記録する。ツイッターで筋トレ垢、ダイエット垢の人たちが記録してツイートしているのを見かけるのはそのためだ。老若男女のいい体になっていくのを見るとこちらまでドーパミンが分泌されてくる。

5)結果が出たらご褒美をあげる。チートデイってやつですね。

ぼくもこれらの極意を実践するべくブログ書いてるんだけどアウトプットにもなるし、副産物として広告収入もはいるのでチートデイに利用させてもらってます。よく考えたらブログ書くことって普通の人にとってはかなりハードル高いですよね。情報発信のツールとして優れているので僕はブログをおすすめしているけれど、別にブログ以外にももっと気楽に発信できる方法はあります。

「ゆくゆくはブログで発信したいけど、徐々に慣らしていきたい」

という人のために編み出した情報発信方法を紹介します。

◇情報発信の一歩目◇

参考になった本とか趣味のことなどを、自分の考え付きでTwitterでシェアする。

ビフォー+気づき+TO Doの法則です。

続けていけば、

いつも良いコンテンツをシェアしてくれるな
考え方が好きだな
と思ってくれる人が集まってきます。

これも立派な情報発信。慣れてきたら、同じ形式でブログに膨らませればOK。最悪ブログにこれらを貼るだけでもいいと思う。ツイッターはあくまで一時的に蓄えておくところ。ブログを書くハードルが高く感じる人は、まずここからスタートしてみてください。最近ではYouTubeも流行りだけどかなりハードルが高いのでぼくはやりませぬ。

医学生に読んで欲しい1分間読書【読んだら忘れない読書法】

同じ著者の本を過去にレビューしてましたのでこちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました