年収1000万円超えると幸福度は変わらない問題はどこまで正しいのか?

こんにちわ。なかじです。

医療界隈ではコロナワクチン接種バイトがアツいなんて話が話題になってました。バイト云々で収入が変わってくる業界ではあるんですが、年収が1000万円超えると幸福度は頭打ちって話もありまして、バイトをどれくらいの塩梅でしていこうかなってのは悩みどころではあります。研修医ではバイトは禁止されているのですが今のうちからワークバランスを考えておいたほうがベターかなと思います。お金なんてなんぼあってもいいですからねって考えじゃだめなんですかね。

ペンシルバニア大学の研究では年収が上がれば上がるだけ幸福になるんんじゃないかって研究結果が出てきていて面白かったので紹介します。

www.pnas.org

  • 33391人を対象として幸福評価を行った
  • 年収との相関関係を調べた

f:id:periaki0813:20210623154531j:plain

この論文でが75000ドルを基準としていますが、やはり年収が上がれば上がるだけ幸福度は上がるような結果になっています。ただしこの横軸が倍々の形なので、対数スケールになってますので実際はこのグラフよりも幸福度の上がりはなだらかになると考察できます。アメリカの税制と日本の税制とか幸福度の考え方が一概には言えないのでこの結果がそのまま日本に通用するとは考えにくいですがここにも将来のバイト戦士が誕生しそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました