スポンサーリンク

マリオットカードのプラチナ会員を利用して横浜ベイシェラトンに宿泊しました。ディナーはカンブーザで

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年末年始は当直やら待機やら包交やらで旅行に行けそうになかったので、クリスマスと年末年始を避けて息抜きをしにいきました。

マリオットカードの恩恵を少し感じられたので、僕らのような医師夫婦には是非マリオットカードをメインカードにしていただきたいです。クレカブログのように不特定多数に紹介するのは気が引けるので、知り合いの方は連絡いただければ紹介します。お互いにポイントが結構入るので紹介制度を利用することをおすすめします。

僕らが息抜きによく行くコースの一つが横浜でイタリアンを食べて翌日中華街を食べて変えるパターン

2022年の夏にも一回行って気に入った“カンブーザ”に年末年始コースを予約しました。

ワインペアリングをしてくれて、ソムリエの方の説明も勉強になることばかりなのでペアリングはおすすめです。

見ての通り格式高いイタリアンです🇮🇹

ナイフとフォーク🍴がズラーっと並んでるだけで緊張しちゃいますが、料理とワインのペアリングは伝統を重んじていますが、店員さんの目が厳しいわけではないので、気張らないデートにもどうぞ。

胸肉をペーストにして胸肉で巻いたもの。ソムリエ試験にも出てきそうな伝統料理で教科書にも書いてありましたが失念しました。

イタリアンのコースの経験が浅いのでわかりませんが、お口直し感覚でピザが出てくるんでしょうか。中盤から終盤にかけて燻製モッツァレラのピザが出てきてぐっと思いましたが、ぺろり。お恥ずかしい。一人1枚でも余裕の旨さです。毎回ピザは違いますが、感動します。

ペアリングはソムリエの方のお話しながら次のワインを選んでくれるので楽しいです。優秀なソムリエの方ほどご飯とワインの相性だけでなく、僕ら飲む側の好みとかも反映してくれます。香りがバニラなのが好きでよく出してもらいます。おしゃべりをしているうちにソムリエの方も熱が入ってきて、色々紹介してくれました。向かって右はスーパートスカーナの一つらしく美味しくいただきました。

最近あか牛が来てるのか、赤身のステーキでよく出てきます。

脂身を感じさせずすんなり入ってくるのが好きです。

ティラミスはカンブーザ風となってます。

横浜ベイシェラトンはプロポーズしたホテルです。

マリオットカードで結婚式の費用を支払ったので今年は余裕でプラチナになりました。結婚式前の方はマリオットカードを導入してプラチナになった状態でハネムーンに行くのもありですよ。相当ポイント貯まります。

プラチナ特典はいくつかありますが、さすがに年末年始の宿泊だったのですべてを享受することは難しかったです。部屋のアップグレードは成功しました。

レイトチェックアウトは難しかったです。ですが12時までには流石に行動し始めるのでレイトチェックアウトはそこまでは魅力的ではないです。その代わりにマリオットポイント1000ポイントと駐車場無料とビールなどをもらいました。そのほうが嬉しい。

面白い構造してる。

プラチナラウンジでのカクテルタイム利用の予約は16時位にチェックインしたときには予約でいっぱいでした。僕でもプラチナ会員になれるくらいなので飽和状態にあるんですね。対策としては、ボケっと並んでチェックインしたのですが、プラチナラウンジで並ばずにチェックインしたほうが若干はやいのかもしれません。

もちろんプラチナ会員で朝ごはんのオプション追加してもらいます。2階のコンパスでもブッフェを食べられるのですが、混んでいるのでラウンジで朝食です。流石に7時台に行くとまばらで快適に食べられます。内容もコンパスより種類が劣るそうなのですが、十分満足な内容でした。

2024年もプラチナ会員になれるように頑張ります。

 

コメント待ってます!