LINEの頻度が落ちたのは相手がつまみ食いしているから。解決策は超ウザイ男・女になる

突如、LINEの返信速度が落ちて、回数も減るってどういうとき?
ブログやっていると思うことは読んでもらうにはどうするかってことです。自分の書きたいことを書くだけでもいいんですが、流石にアクセス数が10いくつとかだと泣けます。読んでもらうためには相手の時間をいかにつかってもらうかってことなんです。1年に1回しか更新していないブログよりは定期的に更新されているブログのほうがよく読んでもらえそうです。
このことは人間関係にも言えて、習慣性って大事です。学生時代にはよく話していた人間と強制的に会わなくなったから交流がなくなったてのはザラにあることです。
LINEの頻度にも同様のことが言えるでしょう。相手の時間のうちどれだけ返信に使われるかってことです。もちろん仕事が忙しいという場合がほとんどなんでしょうが、恋愛に関して多分質問されているでしょうから、そっちにも言及します。要はあなたに時間を使わなくなったってことなんでつまみ食いしてると考えられます。
つまみ食いのイラスト
つまみ食いにも程度があるんであなたの受け入れられる度量にも程度が違うでしょう。異性のいる飲み会に行っただけでもつまみ食いと捉えるならそれは結構息苦しいものがあります・・・ですが、LINEの頻度が少なくなったのはつまみ食い=他の異性に眼が行っているってことです。
つまみ食いしているかどうかは調べるのは、この先の関係を継続するなら困難です。関係性を悪化せずに調べるのは難しいです。遠回しに相手の友人につまみ食い気質があるかどうか聞いてみるのは一つの手かもしれません。
まあ、関係性を継続させたいならつまみ食いをやめさせればいいのです。一つだけ方法があります。超ウザイ男・女になるんです。束縛するんです。

最近ではコロナの影響でやっている人は少ないかもしれませんが、合コン形式の飲み会だろうが大人数の飲み会だろうが、エロのスイッチはanywhere、anywhenです。終電から逆算して・・・と計算がいつ始まるかわかりません。

「つまみ食いをしたらとんでもないしっぺ返しが来る」と彼に思わせる必要があります。そのためにはぜひとも「超絶ウザい女」になってしまいましょう。そのためにいくつかやってもらいことがあります。正直コレをどうこなすかあなたのコミュ力とやる気ですかね。

  1. LINEで「今どこにいるの?」等のメッセージを送ったらすぐに返事をする、というルールを作る。全部お見通し感を出す
  2. その週の予定を全部聞く。
  3. その中で空いている日があったら「一緒に過ごそうよ」と言う。
  4. 夜の予定が入っていたら、22時ぐらいに電話をし、「今なにやってるの?」と言う。
  5. 疑わしい行動があった場合は、次に会うとき、全部お見通し感を出す
  6. つまみ食いしていたらツラいわってことをさらっと言う。

唐揚げの匂いがしなければつまみ食いをしようという気も起きないです。事前にサランラップで匂いがしないようにして冷蔵庫にしまっておく姿勢が大事です。

ぼくの彼女はたまにジャブを入れてきます。

ヨーダのマネとかして『お主のフォースの乱れを感じるぞ』

ぼくのムスコに対して『ご主人は遊んでいたぞ』という報告とかさせるパペットをしてます笑

コメント