スポンサーリンク

広島市内から宮島へ。厳島神社は70年ぶりのお姿でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宮島へのアクセス

THE KNOTを出発し路面電車に揺られることおよそ1時間で宮島口旅客ターミナルに到着。路面電車だと1時間くらい(10分に1本のペースできます)で料金は270円でした。ゆっくりと行きたい人向け。なんか動画を貼ってみました。

もう少し早く行けるのが広島駅からJR山陽本線にノリまして宮島口駅に向かう方法ですが、27分でつくので少し早い。料金は420円と少しお高め。

青の宮島松大汽船赤のJR西日本宮島フェリー2航路が運行されていて乗り口もほぼ同じなので最初戸惑います。おっちゃんに聞くとほぼ同じだが、JR西日本宮島フェリーのほうが厳島神社よりを通るので見栄えはするとか。ただし今は工事中のためそんなに変わらない。値段も片道180円、約10分船に揺られるだけ日本三景につくので日本はつくづく良心的だ。海外だと更に高い値段を突きつけられ、チップまでせがまれそう。

他にも海上から攻めたいという人はお高いんですがフェリーも出てます。直接宮島につけてくれます。

  • マリーナホップ 1600円で25分
  • ひろしま世界遺産航路 2200円45分

という行き方もありますがリッチですね。彼女が前回行ったときは『ホテルからプライベートフェリー出してくれた−』なんて異次元の行き方もありますが非現実的ですね。

島内の回り方

フェリーの時間や潮の満ち引きの時間をチェックしておくと上手に回ることができるでしょう。僕らは基本的には自由行動なのでそこまで気にせず歩いてます。厳島神社と表参道を参拝するだけなら3時間もあれば回りきれるでしょう。宮島グルメ(もみじ饅頭(もみマン、あげマン)、あなごめし、牡蠣料理を味わうのもよいです。健脚ならば弥山にまで足を運ぶのもいいですね。

もみじ饅頭はできたでがおすすめ。いえば持ってきてくれます。揉みマン、アゲマンって商品を探したけど全然見つからなかった。売ればヒットしそうだけどな。沖縄みたいに観光に心を売らねば。

生憎の大雨でした。。。

平安時代に建てられた厳島神社は朱塗りと海上の大鳥居が特徴的。2019年から70年ぶりの修繕工事を行っており、大鳥居とかは見れませんでした。個人的には建築系に進みたかった、特に日本古来の建築とかエジプト文明とかの建築に興味があったので、修繕風景を見ているのも楽しいです。鉄オタが連結シーン見るのが好きなのと似てるかな。

朱塗りされていない柱を見るのも珍しい。

 

あなごめし ふじたや

明治35年創業のふじたや。ミシュランもとったことがあるそう。

天然の穴子を素焼きし後にタレを塗るスタイル。器ごと蒸篭で蒸した白飯と合わせて食らうのは美味。2500円の価値アリです。うなぎの重たい感じも好きですが、あなごのサラッとした感じも好きです。

 

コメント待ってます!