スポンサーリンク

ナッジングの一番効果的な方法のメタ分析について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナッジングとは自然と健康志向になったり、貯金できる様になったりといったテクニックである。逆に言えば、互恵性耽溺は自然と悪い方向に向かう。

  • みんなでジャンクな昼飯
  • みんなでスタバ
  • みんなで飲み

ダイエットしたくても、日本人特にはみんなに合わせる事が多いので自主的な食事管理を壊す要因になるのが、互恵性耽溺。ダイエットにおける食事の問題は無茶食い、寝不足、欲求を満たすなど、メンタル、脳🧠に起因する事が多そうだ。

 

f:id:periaki0813:20190711083624p:image

互恵性耽溺はジャンクフードほど陥りやすい

大学のカフェでの調査結果です。大学生がご飯を頼むときにどのような頼み方をするのかを観察したわけですな。結果としては、

●1人できたパターン→健康的なメニューとジャンクフードを半々の割合で頼んでいた

●みんなできたパターン

→ジャンクフードをだれかが頼むと、友達も頼んでしまう確率が83パーセントになった。

→健康的なメニューをだれかが頼むと友達も頼んでしまう確率が58パーセントになった。

つまり、ジャンクフードをだれかが頼んだときのほうが周りに流されやすくなる。無意識のうちに行動をマネしているんだね。自分の管理意識だけではなく、互恵性耽溺によってデブが生まれてることもある。ちゃんと管理されていない食いトレとかは互恵性耽溺の最終形態になるよね。カマンベールチーズ揚げ🧀を飲み会で頼んでいる人は多い。1人が頼むと、周りも食べることになる。もしかして自分は互恵性耽溺に陥ってる?って常に疑問に持つ事が太らない秘訣かもしれない。

🐷デブからの脱却記事

筋トレ女子がダイエット中の批判の目から挫折しないTIPS

ジム通ってる人とか周りに多いけど、自重筋トレでも充分だった。 – 三大欲求わすれてない?

 

ナッジングに関する方法で一番効果的な方法についてのメタ分析がなされた。

結論一番効果的なものは、構造変更系のテクニックで、特に食品選びに関しては最大で2,5倍もの効果が得られた。

構造変更系のテクニックを具体的にやる方法としては、うちの病院での職員食堂をイメージして考えてみる。

選ぶ物自体変えてしまう

うちの病院だと、定食A,B、丼もの、麺系がラインナップとしてあがる。このラインナップの中にサラダとか健康に良いものを必ず選択されるようにセットしてしまうと、自然と昼食の中で健康に良いものを摂取することになる。添え物として、サラダを選択することができるが、その選択肢にデザートとかも含まれているために、少し弱いものになっているかもしれません。

選ぶ時に努力を要するようにするor減らす

添え物を選ぶ時にデザートを選ばないようにすることを考える。

デザートを置かないという献立もありだが強制的に行うことは今回のナッジングの精神からは反する。あくまで自然に行われることが重要である。

添え物としての選択にデザートがおいてあるが、選ばないようにすることが大事。例えばサラダを選ぶときは+αでお金がかからないが、デザートを選ぶときは100円くらいかかると選択する時に要する努力、金銭的対比がなされる。

しかし実際多くの食堂は食券制であるので支払い→選択ではなく、選択→支払いは食堂に寄り付かなくなり、かなりの面倒くささがある。

イタリアンのランチでオプションとしてデザートをつけることはあんなに心躍るのに・・・

選ぶものに情報を与える

ただ単にサラダがおいてあったとしても、健康を意識している人しか手が伸びない。セブンイレブンとかでもやっていることだが、一日分の野菜が摂れるとか謳い文句があるとそれなら食べるか食べる人もいるだろう。

父のクリニックでの失敗

父のクリニックでも宅配のサラダを半額でおいたらしいんだが、あまり効果的ではなかったそうだ。整形外科クリニックなのでPTさんとかも健康を意識している人とかもおおそうだというのにナッジングは難しいなと。

構造変更系の具体的なやり方を踏まえると失敗だったなと思える。わざわざサラダだけをお金を出してまで買おうとはしないだろう。できるだけ面倒なものを排除するのが大事。お土産やすぐ捌けるのもそのためだろう。やるとしたら無料でサラダをおいておくくらいにしないとダメそうだ。

 

コメント待ってます!